せきが出る男女
  • ホーム
  • リレンザの服用を受けないとどのくらい症状が続くのか

リレンザの服用を受けないとどのくらい症状が続くのか

せきが出るお年寄りの男性

インフルエンザと診断されるとリレンザやタミフル、イナビルといった抗インフルエンザ薬と言われる薬が処方されます。これらの薬にはそれぞれ特徴や注意事項があり、タミフルの場合は異常行動が起こる原因になっているかもしれないという理由から10代の未成年者には使用されていません。リレンザやイナビルは吸入薬で10代の子どもに処方されますが、5歳以下の子どもは吸入が難しいため使用されません。どちらの薬もインフルエンザの治療薬でなく、インフルエンザウイルスの増殖を抑える薬ですので、飲んだからといってインフルエンザが治るわけではありません。
妊娠中や、気管支喘息など呼吸器に疾患がある時などリレンザなどの薬を受けない、受けたくないと考えることもあります。リレンザを受けないとどのくらいつらいのかというと、まず、なかなか発熱が治まりません。インフルエンザは高熱を伴うためリレンザなどの薬を受けないと体力が消耗してしまいます。発熱自体はウイルスと戦っている状態ですので、薬を吸入しない場合はゆっくりと休み、水分をしっかりととることが大事です。
この他つらい症状としては筋肉痛があるということです。発熱の上に筋肉痛となると大変つらいと感じることが多いです。湿布などを貼っても効き目はありませんが、気持ちが良いと感じるならば使用しても構わないでしょう。リレンザを使用しない場合は、使用した場合に比べ辛いと感じる時間が長くなります。
インフルエンザは妊娠中の方が感染してしまうと重症化してしまい、時期によっては流産や死産を起こすこともあります。抗インフルエンザ薬は妊娠中でも使用することができますし、使用した方が重症化するリスクを下げることもできます。気管支喘息の方は喘息の吸入薬を使用してからならばリレンザを使用することができます。自分の体力などを考えながら医師と相談をしっかりと行うようにします。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ